プライオメトリックトレーニング

2019/11/02

柴田幸樹

こんにちは!

PCPトレーナーの柴田です!

PCPではお客様に最高のパフォーマンスを獲得して頂く為に、

身体づくりはもちろんの事、動ける身体作りもサポートしています!

プライオメトリックトレーニング

コアパフォーマンス🄬ではムーブメントの要素の中に、プライオメトリックトレーニングも含みます。

筋や腱の弾性エネルギーを最大限に発揮したトレーニング。

実は、アスリートの方々だけでなく、一般の方にも必要なエクササイズなのです!

疲れにくく、ハイパフォーマンスな身体に。

同じ筋肉量の人が2人いたとしても、うまく筋と腱の力を使えているかでパフォーマンスは劇的に違うはずです。

例えるならば、空気の入ったバスケットボールでドリブルするのと、空気の抜けたボールで一生懸命床に叩きつけてドリブルしているのとどちらが効率的に力を使えているでしょうか。

前者ですよね。

それはきっと仕事やプライベートでもさらにアクティブな生活を送ることができるようになるでしょう。

障害予防としてのプライオメトリックトレーニング

プライオメトリックトレーニングは、骨塩量、筋の動員、筋力、さらに身体のコントロール能力を高めます。

骨塩量の増加は、骨粗鬆症の予防につながり、適切な筋発揮とコントロールは関節の安定性を高め、日常の障害予防に繋がります。

スポーツを楽しめるように

最近では、高くジャンプできるようになりたい。

ゴルフでよいパフォーマンスを発揮したい。など、見た目としての身体作りだけではなく、

より良いパフォーマンスを求めるお客様が増えているように感じます。

様々なニーズに答えられるのは、コアパフォーマンス🄬が多角的に抜け漏れなく機能しているから。

 

ジムに来ていただくお客様のニーズは多種多様です。

決めつけでメニュー提案するのではなく、寄り添って二人三脚でサポートさせて頂いております!

 

【特別セミナー(パーソナルトレーナー向け)のおしらせ】12/4・12/8