【クライアント:自体重のみトレーニング▶︎負荷を加えたトレーニングの結果】

2022/01/31

PCP養成スクールの卒業生
:橋本里美(ピラティス・ヨガインストラクター&パーソナルトレーナー)です。

ストレングストレーニング

自体重のみトレーニングのレッスンに通っていたお客様が、

パーソナルトレーニングを受ける様になり

自体重+負荷をかけてストレングストレーニングを継続した結果、

どういう効果が出たか一例をご紹介します。

【なぜパーソナルトレーニングを受けにきたか】

自体重で行うグループトレーニングに参加してきた。

お腹周り・お尻を特に引き締めたいと思っている。

受講をすると体・気持ちの爽快感はあるが

目的とするからパートのサイズダウンが中々現れない。

そのために
取り組みかたを変えた方が良いのではと思って
一度パーソナルトレーニングを受けてみようと足を運んだ。


【全身チェックで目立つ点】
-外的に見て
体脂肪がつきやすい代表的な部位に体脂肪の蓄積がみられる。

-プランクのポジションをキープできない。
:両肩が上がってしまう、腕の震えがみられる。

-プッシュアップ(膝付き)にかなりの努力感がみられる。


【パーソナルトレーニングでのストレングストレーニング】

■ショルダープレス、ダンベルプレス、ダンベルフライ、ワンハンドロー
スクワット、スプリットスクワット、サイドランジ等を
プログラムを立てて行いました。

■1週間に1回通いのトレーニング

ご自宅での短時間 のストレングストレーニングのご提案と実施


【結果】

トレーニング開始から6週間が経ち

⚫︎体重:4KGの減少

⚫︎筋力量:維持

⚫︎体脂肪率:2パーセント減少

⚫︎ウエスト5cm減少

⚫︎写真:お尻と腿の境目がわかるようになった、横から見てお尻のトップの高さが上がった

⚫︎ショルダーパッキングが安定

⚫︎プッシュアップ(膝付き)が膝〜頭まで、ほぼ一直線をキープしてできる様になった

⚫︎ご本人の感想:体が軽く感じる、疲れにくくなった、腕を使うエクササイズが大変でなくなった。


【どうして体を軽く感じる様になったのか】

■ヒトは
地球上で常に重力下にあり、
身体に対して自体重以上の負荷がかかることも多い。
(〜PCPアカデミー ストレングス より抜粋〜)

→ストレングストレーニングを通して
⚫︎「自体重+負荷」をコントロールする力を養うことが可能。
(〜PCPアカデミー ストレングス より抜粋〜)

⚫︎一定期間継続していくと
筋肉が肥大する→安静時の代謝が上がる、1日のエネルギー消費量が上がる。


パーソナルトレーニングでは

各個人にあったトレーニングができます。そのため効果も早いです。

アセスメント・コレクティブエクササイズ・ムーブメントスキル・ストレングストレーニング・ESD・リジェネレーション
をクライアントに応じてプログラムをご提案します。

ストレングストレーニングに対し
特に女性は抵抗があり苦手意識を持っている方もいらっしゃります。
そういった方へ、適切な重さでプログラムをたて指導をして行きます。

今後も、トレーニングの過程と過程をこのブログにてお伝えしていきます。


トレーナーとしての指導方法や内容にご興味がある方へ:

PCPパーソナルトレーナー養成スクールの詳細は
▶︎コチラ

【PCPアカデミー 】は

🌱再履修に温かく卒業生へのフォロー体制があります。

🌱実際の指導現場で沢山の疑問や課題が出てくるので、再履修システムをとっています。

▶︎すでに現場活動をスタートし将来に不安があるトレーナーは
@onemasta2021

▶︎授業内容を知りたい。動画プレゼントは
@pcpacademy_trainerschool