あるべき姿と現状認識から勝ちパターンを見つける

2020/12/04

おはようございます。

昨日もトレーニング+サウナってしまいました。

背中が筋肉痛です。笑

今日はスポルテックで登壇させていただきます。

トレーニングのお話ではなくて、経営のお話になります。

経営を学ぶことで、ここ最近はトレーナーにおける経営学に関して講演依頼が増えてきました。

私だからお伝えできることを意識していきます。

今日参加される方はよろしくおねがしいます。

今日は

トレーニングでも経営でもあるべき姿(目標)と現状認識

が重要というお話をしたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あるべき姿と現状認識から勝ちパターンを見つける

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

トレーニング指導をする際に、相手の情報がなければ私は指導ができない。

というのが本音です。

カウンセリングやアセスメント、フィジカルテストで徹底的に問題点を探していきます。

まずはそれが無いと課題が見えてきません。

課題が見えないのに戦略も決まらないんですよね。

今回の課題に対して、どんなトレーニングが成功パターンになるのか?

仮説を立てて進めていきます。

進めていく中で、あれ?違うかも?

ってなればすかさず方向転換です。仮説を立て直します。

仮説と検証を繰り返して、課題に対しての成功パターンを見つけるまで繰り返します。

経営も全く一緒なんです。

同じような考え方で勝ちパターンを探していきます。

その探し方がある程度明確化されているので(先人からの知恵で)

例えばSWOT分析なんかをやるわけですよね。

そこで外部環境と内部環境を分析して、戦略オプションの立案をするわけです。

そう考えると

まずは、あるべき姿と現状把握

ができていないと、戦略は考えられないですよね?

というお話でした。

PCPのトレーニング理論はコアパフォーマンスというものですが

これは徹底的に課題を抽出するところからスタートします。

PCP のトレーナースクールでは

こういう感じで吉田が個別にカウンセリングをさせていただきます。

自分自身では答えを出せないこともありますからね。

というわけで宣伝ですが

PCPのトレーナー養成コースを随時開催中です。

今日お伝えした

トレーニングと経営の部分を網羅したカリキュラムになっています。

興味がある方は気軽にメッセージください!!

こちらに連絡いただければ対応させていただきます!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お問い合わせ