ヨガグループエクササイズ指導力を高めるパーソナルトレーナーの知識 : 足首

2022/02/12

PCP養成スクールの卒業生
:橋本里美(ピラティス・ヨガインストラクター&パーソナルトレーナー)です。

足関節

これらのヨガポーズをとるのが大変
というお客様に
よくお遭遇します。

私は、
PCPアカデミーで学んだことが
指導に役に立っています。

足関節の安定性&足関節の背屈制限

PCPパーソナルトレーナー養成スクールで学んだ
アセスメントに使用するテスト:足関節について

⚫︎ディープスクワット:踵が浮く→足関節の背屈制限〜足首の硬さ〜

⚫︎インラインランジ:バランスの喪失→足関節の安定性が低い

パーソナルトレーナーの活動をスタートし、足関節の問題を抱えるクライアントと出会うことが多いです。

ムーブメントプレパレーション「スモウスクワット」

お尻を上にあげた際に
足首が床から浮く方も多くいます。

足関節は、筋肉が見えるわけでもなため
気にしなければエラー動作を見落としてしまいがちです。

-座位で仕事が多い方
-リモートの仕事が多い方
-革靴・ブーツをはく機会が多い方
のほとんどが足関節の背屈制限・安定性の低さがあります。

靴を足首の制限がない靴に変えて、足首の動きが良くなったクライアントが多くいます。

ヨガのポーズにもこれらの問題点が反映されます。

パーソナルトレーニングでは

⚫︎コレクティブエクササイズ:オープンハーフニーリング

⚫︎ムーブメントプレパレーション:スモウスクワット・カーフストレッチ

⚫︎ムーブメントスキル:特にジャンプ動作

⚫︎ストレングストレーニング:スクワット・各方向のランジ など

のメニューを行い、
多くは足首の問題点に対するトレーニングを行います。

正しいエクササイズ姿勢を指導していくと
足関節の問題改善ができます。

マット上での自体重トレーニング以外に
これらのトレーニングを行うと
クライアントの身体に関する効果はより早くでます。

女性でも重さを持つ大切さ、ジャンプ動作から得る効果
をクライアント指導にあたるたび実感します。

クライアントご自身も、同じように感じ、早い効果があることを実感していらっしゃる様です。

同じ体の問題点で止まっている方は多いように感じます。

できるだけ早い改善ができるようにパーソナルトレーニングを提供していきたいと思います。


グループエクササイズを担当されているインストラクターの方へ:

トレーナーとしての指導方法や内容にご興味がある方→

PCPパーソナルトレーナー養成スクールの詳細は
▶︎コチラ

▼2022年4月期スケジュール更新!

http://pcp-japan.co.jp/taikennyugakuboshu/

1月期の体験入学も受付中です🔥

▼申し込みはこちらから

https://pcp-japan.co.jp/contact/

【PCPアカデミー 】は

🌱再履修に温かく卒業生へのフォロー体制があります。

🌱実際の指導現場で沢山の疑問や課題が出てくるので、再履修システムをとっています。

▶︎すでに現場活動をスタートし将来に不安があるトレーナーは
@onemasta2021

▶︎授業内容を知りたい。動画プレゼントは
@pcpacademy_trainerschool