PCPアカデミー実技講座 〜1期生修了〜

2020/09/01

笹川

こんにちは!

パフォーマンススペシャリストの笹川です。

 

本日はPCPアカデミー実技講座についてのご紹介です。

8/26~8/27の二日間を通してPCPアカデミー実技講座を開催致しました。

実技講座では、コアパフォーマンスギアの中のアセスメント、コレクティブ、ストレングス、ムーブメントスキル、リジェネレーションに加えてプログラムデザインについてお伝えさせて頂きました。

下の写真がコアパフォーマンスギアになります。

コアパフォーマンスギアとはパフォーマンスUPに必要な要素が”抜け漏れなく”含まれているトレーニングの歯車のことを指します。

この歯車のどれか一つでも欠けているとパフォーマンスアップが難しくなります。

全ての歯車をバランスよく回すことが最大のパフォーマンスを発揮する上でとても重要になってきます。

 

次に今回の実技講座でお伝えさせて頂いたコアパフォーマンスギアの内容について簡単に説明いたします。

アセスメントとは、身体を検査・評価し問題点を明確にすること。

コレクティブとは、可動性・安定性を身につけしなやかな身体と動作を身につけること。

ストレングスとは、自身の体重+重力・動き(慣性)・重量負荷に対応し、抗う力を養うこと。

ムーブメントスキルとは、より速く、より瞬発的に自分のからだを動かし、より統合的な動きのパフォーマンスアップを目的とすること。

リジェネレーションとは、回復(ストレッチやケア)・休養のこと。まったく何もしない「休養」よりも「積極的休養」を取り入れることで、目標達成までの道程を短縮することが可能である。

 

 

写真が実技の様子になります。

写真の内容はアセスメントやムーブメントスキルを行なっている様子です。

 

今回は2名の方に実技講座にご参加いただきました。

それぞれのお仕事や自分の体の改善に役立ててもらえると嬉しいです。

ご参加いただいた方々誠にありがとうございました!

 

PCPでは随時アカデミー生を募集しております。

どのような内容なのか気になる、トレーナーとしてさらなるレベルアップをしたい、一からトレーナーとしての知識や技術を学びたい!という方やグループ様からのご連絡お待ちしております。