ビジネススキルはトレーナーにも必要!思考力を養おう

2020/01/13

工藤

PCPのトレーナーは、トレーニング指導力だけではなく、ビジネススキルも日々向上させています。

仕事を効率的に行えば、クライアントの皆様に還元できる要素も大きくなるからです。

私たちが大切にしているビジネススキルのひとつが「考える力」、いわゆる「思考力」です。

 

トレーナーが仕事をしている時、勉強をしている時、「考える」行為にかなりの時間が必要です。

その考え方の多くは自己流で、過去の経験に基づいていると言われています。

過去の経験自体は価値あるものですが、自己流の考え方だけではいずれ壁にぶつかってしまいます。

 

思考にもいくつかの種類があり、PCPでは論理的に物事を考える力を大切にしています。

論理的な思考力は、いくつかの要素で成り立っています。

 

・筋道を立てて物事を考えることができる

・重要な点とあまり重要でない点を分けて考えられる

・全体を見て物事を考えられる

・物事を適切に分解することができる

・具体化と抽象化の往来ができる

・原因と結果の関係を正しく捉えることができる

 

上記全てに弱点の無いトレーナーはまれだと思います。

これらの要素を満たすことで、

トレーニング指導内容も最短で最大の効果に近付いていくと考えられます。

自己流で身に付けることが難しい分野です。

 

トレーナーとしての思考力において、自分の強みと弱みはどの分野なのか?

自己分析をしてみるとそのヒントが見つかるはずです。

 

 

中目黒のPCPアカデミーでは、トレーナーが思考力を養うための特別講座を開始します。

楽しく分かりやすく学ぶことができますので、是非この機会にご参加ください。

 

【特別講座】1/31・2/14 トレーナーに必要な思考力