PCPトレーナーの小さなビジネス習慣

2020/01/03

工藤

早いもので正月3が日もあっという間ですね。

2020年の目標を決め、新たなスタートの準備はできておりますでしょうか?

 

目標を達成するためには、日々の習慣が大切ですよね。

PCPのスタッフ間で普段何気なく行っている習慣のひとつに、

「毎朝ニュースをシェアする」というものがあります。

PCPのスタッフは当たり前すぎて何を今さら?と思うかもしれません(笑)。

 

私も長らくこの業界におりますが、多くのトレーニング指導者は、

指導における専門知識は深堀りしていくものの、ビジネススキルは全く興味がない、

そんな方達を多く目にしてきました。

もちろん健康・トレーニング指導の専門性を高め続けることは重要ですが、

トレーナーもビジネスである以上、ビジネススキルを向上させることは当然必要になります。

 

ビジネススキルが欠けていると、仕事を長期的に続けることが難しくなり、

最終的にはクライアントの皆様が不幸になってしまいます。

なぜなら、トレーナーのビジネススキルが低ければ収入も自ずと低下するため、

自己投資することができず、指導の質が低下していくからです。

稼げないトレーナーまっしぐらになってしまいます。

 

学生時代や特定の期間に集中して学習した内容はいずれ古くなるので、

トレーナーも常に自分をバージョンアップしていかなければなりません。

 

とは言え、いきなりハードルを高くされても、

ビジネス?何から勉強したら良いのかよく分からない…という方も多いと思います。

私たちPCPのトレーナーもまずは小さな習慣から始めています。

それが冒頭で挙げたニュースのシェアです。

 

出勤時に1名が1つのニュースをピックアップし、みんなでシェアしています。

1人1人目線も違うので、取り上げるニュースも異なります。

 

ピックアップされたニュースの内容が分からなければ、

自然と調べたり質問をするようになります。

まずは何事も入口に立たなければ始まりません。

分厚い経営学の本を購入しなくとも、身近な所からビジネスに興味を持ってみる。

枝葉のニュースも毎日見ていると、いずれは幹に近付いていきます。

 

これは1つの例ですが、大きな行動からでなくとも、

小さな習慣からトレーナーがビジネススキルを身に付けることはできるはずです。

2020年は、みなさんも新たな習慣や自己投資をスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

 

目的に合わせて選べる!PCPアカデミー単科制度