【PCPアカデミー:2022年1月期の実技講義の様子】現場に活用できる実技講義_11

2022/03/20

PCPアカデミー・アルムナイ事務局の橋本里美、PCPアカデミーの卒業生です。

2022年1月期パーソナルトレー養成スクールの過程は
現在、実技の授業中です。
水曜日コースの実技の様子をご紹介致します。

実技授業:ムーブメントプレパレーション(MP)を含めた実施

ムーブメントプレパレーション1

<写真上△【MP  バックランジ】受講生でそれぞれクライアント役・トレーナー役を行う>

今回の実技授業では

講師の熊山トレーナーから
2つの症例提示をもとに
-目的
-アセスメント
-コレクティブエクササイズ:3項目
-ムーブメントプレパレーション:3項目
が示され

15分間を目安に、
トレーナー役がクライアント役へ実施を行いました。

時間を測る大切さ!
パーソナルトレーニングをクライアントに実際受けていただくときは
全てのメニューを入れて60分間となります。
これを想定すると
15分間で行う経験をするのは非常に大切だと感じました。

目的▶︎アセスメント▶︎コレクティブエクササイズ▶︎ムーブメントプレパレーション
それぞれを紐づけて、簡潔に説明していき、それぞれの項目を実施です。

初回の実技講義からの積み上げがないと
できない内容になっています。

与えられた課題をしっかり予習しての受講生でした。
自宅で練習し、初めての実践でしたが
レベルの高い内容で
私は感動しました。

!クライアントを褒めることも
前回よりスムーズになっていて、スキルUPが明らかです!

⚫︎ムーブメントプレパレーションでは
体を使う前の準備運動だけでなく
「相反抑制」を用いて説明も行っていきます。

項目の実施後
▶︎講師の熊山トレーナーより
:良かった点 / あらためた方が良い点 →なぜ改めた方が良いのか説明〜指導現場での経験も踏まえて〜

受講生について良いところは、
熊山トレーナーから
しっかり褒めの評価があるので
自分なりに自信が持てるところも発見できます。
沢山新しいことを実践していくと、自信がなくなる部分もある気持ちを
しっかりサポートしてくれます。

ムーブメントプレパレーション2


【トレーナーとしての指導方法や内容にご興味がある方へ】

PCPアカデミー パーソナルトレー養成スクールの過程コースは、3つあります。
⚫︎水曜日コース

⚫︎日曜日コース

⚫︎遠方コース

少人数で授業を受けられるので、

メイン講師の熊山トレーナーとコミュニケーションを非常にとりやすい
受講が充実する環境です。

パーソナルトレーナー養成で
一番気になるのは実技指導の様子かと思います。
またこれからも様子をお伝えしていきます。

PCPパーソナルトレーナー養成スクールの詳細は
▶︎コチラ

▶︎すでに現場活動をスタートし将来に不安があるトレーナーは
@onemasta2021

▶︎授業内容を知りたい。動画プレゼントは
@pcpacademy_trainerschool