チューブを使用したトレーニング その①

2020/06/09

大庭

こんにちは!

パフォーマンススペシャリストの大庭です。

 

毎日どんより雲空だったり、晴れていたのに突然の大雨など、梅雨が近づいている雰囲気が強まってきましたね。

梅雨時期や寒い冬などは外に出ることがめんどくさく感じてしまう方が多いと思います。

そんな時にはトレーニングアイテムを使用することで、自宅でも負荷をかけた満足のいくトレーニングを行うことが可能ですので、今日はチューブを使用したトレーニングをご紹介したいと思います。

今日ご紹介するアイテムはこちら。

PCPでもクライアントの方々へ実際に使用しており、その効果を実感していただいています。

PCPでの販売も行っていますので、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください!

それではトレーニングに参りましょう。

 


 

◆チューブを使用したプッシュアップ(腕立て伏せ)

やり方

①チューブを背中に通してしっかり掴む。

②チューブを掴んだまま、肩幅より少し広い位置に両手を広げ床につける。

③頭からつま先までを棒のように一直線に保つ。

④体を一直線に保ったまま肘を曲げ、胸が床につくギリギリまで体を下す。

⑤床を押すように肘を伸ばし、体を持ち上げる。

 

このトレーニングでは「大胸筋」「上腕三頭筋」「三角筋前部」を主に鍛えることができます。

10回3セットを目安に、自分に合った回数を行ってみましょう。

ポイントは体を一直線に保ったまま行うことです。それを意識することで体幹の強化にもつながります。

負荷が強すぎて難しいと感じる方は、膝をついて行ったりチューブをつけないプッシュアップから始めてみましょう。

 


 

チューブはコンパクトで軽く、持ち運びが簡単なので出張先や旅行先などでもトレーニングを行うことができます。

ジムに行けなくてもチューブがあれば効果的なトレーニングを行うことができますよ。

 

現在PCPでは、「EXILEフィジカルトレーナー吉田輝幸監修」のオンラインパーソナルトレーニングを実施しています。

ジムに行くことなく自宅でお客様の目的・身体の状態に合わせたオリジナルメニューを作成し最短で最大の効果を出すことが可能なプログラムとなっています。

こちらからご予約可能です。

皆様のご参加をお待ちしております。