ホルモンから減量を考える。「GLP-1」実践編

2019/12/07

柴田

こんにちは!

PCPトレーナーの柴田です!

前回はダイエット時に味方につけると大いに役立つ「GLP-1」を紹介しました!

ホルモンから減量を考える。「GLP-1」

今回は実践編ということで、どのような食事コントロールでGLP-1の分泌を促進できるかを考えていきます!

GLP-1分泌促進方法

1.野菜から食べるベジファースト。

2.たんぱく質、脂質を少量食事の15分前に摂る。

3.魚を積極的に食べる。

 

1.野菜から食べるベジファースト。

GLP-1は小腸の後半で食物が消化吸収された際に分泌される為、

食物の吸収スピードを抑える事がポイントになります!

食物の吸収スピードを抑える方法はいくつかありますがここでは食物繊維をしっかり取ってから、

主菜を食べるベジファースト習慣をお勧めします。

野菜を食べてから主菜を食べてみましょう!

 

2.たんぱく質、脂質を少量食事の15分前に摂る。

たんぱく質か脂質を食事の15分前に摂ることでも

GLP-1の分泌は促進されます!

お勧めなのは、ナッツを5粒位食前に摂っておく事。(もちろん食べ過ぎは注意です。)

手軽に実践できそうですね!

また、ナッツに限らず、たんぱく質、脂質ならOK!

ベビーチーズなんかも良さそうですね!

 

3.魚を積極的に食べる。

魚に含まれる不飽和脂肪酸もGLP-1の分泌を促進します。

ダイエット中は、肉より魚からたんぱく質を積極的に摂取した方がホルモンの側面からは良さそうです。

最後に

いかがでしたでしょうか?!

このポイントを抑えるだけで、食欲をかなり抑える事ができ、ダイエットがかなり楽になるはずです!

ダイエットは精神面も大いに関係していきます。

ストレスが溜まる事でも、脂肪を燃焼しにくくなります。

ダイエット目的ではない方でも、頭の片隅に置いておくと自分の身体をコントロールするのが簡単になりそうですね!

PCPではパフォーマンスを上げる為、食事面のアドバイス・カウンセリングも行っています!