ホルモンから減量を考える。「GLP-1」

2019/11/30

柴田

こんにちは!

PCPトレーナーの柴田です!

ダイエット…なかなか長続きしませんよね。

 

PCPは、お客様のパフォーマンスアップをサポートしており、

減量を目的とする方にも、最新の栄養学の観点からも食事管理をご提案しています。

 

今日紹介するのは

「GLP-1」

消化管ホルモンの一つです。

皆さんダイエットの時にホルモンを意識したことはありますか??

実はホルモンは身体に大きく作用しており、もちろん減量の際にも味方につけると大いに役立つんです!

 

ちなみにホルモンとは…

身体の機能を正常に働かせる為の伝達物質のことです。

これが分泌されるお陰で人の身体は維持、調整されています。

 

ちなみに人の血液が50mプール1杯分だとすると、

そのうちホルモンはスプーン1杯分程の微量で効果を発揮していきます。

ということで、人体にとても影響力のあるホルモンですが

これをコントロールする事がダイエットのキーポイント‼

その中でもGLP-1というホルモンが

食欲をかなり抑えてくれる減量したい方必見のホルモンなんです。

 

GLP-1とは?!

食物が小腸の後半で消化吸収された際に分泌されます。

働きとしては、

  • 神経を介した強い食欲抑制効果
  • 胃内容物の排出の遅延
  • 血糖依存性インスリン分泌増強作用
  • グルカゴンの抑制
  • 神経保護
  • 免疫調整機能
  • 腎保護作用
  • 心保護作用

etc…

と、ざっと見ただけでかなり身体に影響力のあるホルモンだということがわかります。

これにはかなり強い食欲抑制作用がありコントロールできるようになると、

減量がかなり楽になってきます!

 

と今回は「GLP-1」のご紹介でした。

少し長くなってしまいそうなので、

実際にGLP-1をどのようにコントロールするのか??はまた次回書かせて頂きます(^^♪

 

お楽しみに!