脂は何で美味しいの??

2019/09/07

この記事を読んでわかること。

・なぜ脂質は美味しく感じるのか。

・脂質摂取を抑えるコツ。

 

こんにちは!PCPトレーナーの柴田です!

皆さんは脂っこいものはお好きですか??

私は…大好きです!

けど脂っこい物はカロリーも高いし、食べすぎは太る原因ですよね。

そこで今日は、なぜ脂を人は美味しく感じるのか?!とその欲求を抑えるコツをご説明していこうと思います!

人の味覚とは。

かねてより、人の味覚は

「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「旨味」の5種類の味を感じているとされてきました。

あれっ?脂はどこに入るの?

実は、つい最近まで脂質を感知する味覚は存在しないと考えられてきたそうです。

しかし、最近になって第6の味覚として脂質を感知するシステムが人に備わっていることが明らかになってきました!

脂質摂取=快楽?!

食物として摂取された脂質は舌の上でわずかに分解され、

脂肪酸となり細胞内に取り込まれます。

その脂肪酸の流入が引き金となり神経細胞を刺激し、

βエンドルフィン!!

を分泌させます!

このβエンドルフィンはいわゆる「快楽物質」

脳内で良い気分を引き起こします。

つまり、この快感により人は脂を美味しく感じているのですね。

ではどうやって脂質の摂取を抑えることが出来るのでしょうか?

コツは…

結論から申し上げますと、

我慢。です。

あたりまえじゃん。

と読むのをやめないで下さい!!

この快楽物質の影響は約2週間ほど病みつきの影響を及ぼします。

つまり、2週間我慢すれば、その快楽欲求は抑えられ、

2週間ほど我慢したころには、

「なんだか体重も減ってきたし、脂っこいものもそんなに欲しくないからもう少し頑張ってみよっかな」とあるわけです。

ちょっと2週間頑張ってみようかなってなりましたか?

最後に。

今回ダイエットとしての脂の摂取について書かせて頂きましたが、

脂も人の身体にとって非常に重要な栄養素です。

食品を良い、悪いで考えるのではなく、

その食品の特徴と人体に及ぼす影響を正しく理解することで、

自分の身体を簡単にコントロールすることが出来るようになります!

PCPではもちろん食に関する知識をもったトレーナー陣が指導させて頂きます。

皆様の目的を達成する手助けをさせて頂けたらなと思っております。