トレーニングコミュニケーションスキル

2020/02/17

佐々木

皆さん、こんにちは😊

PCPトレーナー佐々木です。

 

最近は、コロナウイルスのニュースが世間を賑わせていますが

皆様お身体に変わりはありませんか?

また、花粉も例年より14日飛散が早いとのニュースでしたね…😱

 

さて、本日はPCPのパーソナルトレーニングの指導でおこなっている

トレーニングコミュニケーションスキルについてお伝えしたいと思います。

 

 

1日1日身体の状態が違う中で

お客様の真の目的を見つけ、的確にアプローチをしていくために必要なスキルとなります。

 

1:アイスブレイク(挨拶、雑談、緊張をほぐす)

 

2:前回の振り返り:前回のリマインドをカルテを見ながら

「SQの重さが上がりましたね。腹筋が追加になっていますね。」

 

3:現状の把握「今日の体調はいかがですか?筋肉痛などはないですか?」

 

4:アセスメントのゴールの再確認と微調整(ゴール設定のリマインド)

この時の相手の反応を確認し、状況によってゴールを再設定する

(例:今の目標は変わりないですか?○○で大丈夫ですか?など)

 

5:今日のゴールの確認

(今日は何を1番意識または重要視してトレーニングしますか?クライアントに言ってもらう)

→今日のトレーニングの目標を確認する

 

 

6:トレーニング

 

 

7:今日の振り返り(フィードバックと承認)良かった部分を承認する、各種目の感想とフィードバックをもらう

 

8:専門家としてコメント、フィーチャーペーシング(未来のビジョンを伝える)

・専門的知識をもとに今後さらによくしていくための見解を伝える

・次回までのトレーニングの予定を確認し、それまでにおこなって欲しいことを伝える

 

PCPでは、上記5記載の様にトレーナーが一方的に決めるのではなく相談をし

お客様に言っていただく場面もあります。

最終的には最初は「トレーナーさんにお任せします。」と仰っていた方が

「今日は、○○の種目をやりたいです!!」と積極的になる方が大多数をしめます。

 

トレーニングコミュニケーションスキル

いかがでしたでしょうか?

 

これからトレーナーを目指す方

トレーナー活動をしている方

皆さんは何を意識してお客様と接していますか?

 

是非1~8の流れお試しください✨