トレーニング効果が出る人・でない人 その違いとは?

2020/09/24

笹川

こんにちは!

パフォーマンススペシャリストの笹川です。

 

いきなりですが、トレーニングはしているけどいまいち成果が見えづらいもしくは感じづらかったという経験をしたことはありませんか?

 

今回はトレーニング効果を出しやすくするためのポイントをご紹介いたします!

 

まずご紹介するのは”超回復”というものです。🙌

この言葉聞いたことはありますか?

 

ご存知でないという方の為に”超回復とは”について簡単に説明いたします。

超回復とはトレーニングをすると”筋肉が一時的に疲労しパフォーマンスが下がるのですが、適切な栄養と休養を取ることで、筋肉が回復してトレーニング前よりもパフォーマンスが上がる仕組みのこと”を言います。

 

例えるならば、ドラゴンボールに出てくる孫悟空やベジータのようなサイヤ人と同じ原理です(笑)🐉

(ドラゴンボールを知らない方すみません。。。)

状況は少し違いますが彼らは瀕死の状態で仙豆を食べると、ものすごくパワーアップしますよね!

我々も同じでトレーニングをして栄養と休養をとることで、トレーニング前よりも筋力などのパフォーマンスをあげることができます。✌️

 

この点いおいては我々もサイヤ人であると言っても良いのではないでしょうか(笑)

 

少し脱線してしまいましたが、超回復において重要なポイントは、トレーニング後は筋肉が疲労しているので適切な栄養と休養をとることが大切である。

適切な栄養と休養をとることでトレーニング前よりもパフォーマンスが上がる!ということです。

 

この超回復が起こる期間は鍛える部位によっても異なるのですが、一般的に48〜72時間(2〜3日)と言われています。

 

そして!

 

筋肉が回復した(超回復が起こった)このタイミングでトレーニングを継続できるとどんどんパフォーマンスが上がっていきます!

(下の図は超回復の仕組みについてイラスト化されたものです)

最後に今回の本題であるトレーニング効果が出る人でない人の違いをまとめると

 

①トレーニング後には適切な栄養と休息が大事である。

②超回復が起こったタイミング(24〜72時間/2~3日)間隔でトレーニングを継続できると筋力アップなどのパフォーマンスアップの効果が得られやすい。

となります。

 

この2つを理解して実行できているかいないかでトレーニング効果は変わってきそうですよね。

 

パフォーマンスが上がる仕組みを理解してトレーニングをするかしないか。。。

 

あなたはどちらを選びますか?

 

今回の内容はこれで以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。