呼吸と指先の冷えの関係性について

2020/09/22

笹川

みなさんこんにちは!

パフォーマンススペシャリストの笹川です。

気温も下がり秋を感じる季節となってきましたね🌛

新潟出身の私としてはやっと暑い夏が終わったと安堵の気持ちでいっぱいです。😌

 

さて、全く題名と関係ない私の最近の気持ちについて発言させていただきましたが本題である”呼吸と指先の冷え”の関係性についてご紹介いたします。

 

※トップ画は指先の冷たさを表現したくてこの画像を選びました。

 

早速ですが、指先がいつも冷たいんだよな〜🥶と感じている方はいらっしゃいませんか?

実はその指の冷たさ、呼吸と関係があるかもしれません!

 

呼吸と?!訳わからん!と思う方がほとんどかと思います。

安心してください。ここから詳しくご説明いたします。

まずは、こちらの画像をご覧ください。

ぱっと見でわかると思いますが猫背で、なで肩のように肩が下がっていますよね。

実はここで、今回の題名である呼吸と指先の冷えが関係してきます!

 

みなさんもやってみるとわかると思いますが、この姿勢で呼吸をしてみると少し苦しいですよね。

そうなると、どういう呼吸をしだすかというと肩をすくませて呼吸をし始めるのです。

 

さらにさらに!

こちらの画像をご覧ください。

こちら、肩周辺の身体の中のイラストなのですが見ての通り神経や血管がたくさん通っています。

 

ここから先はイメージが大切です!

先ほどの、猫背でなで肩+肩をすくませるような呼吸を行うとこのイラストの神経や血管を圧迫して血流の流れなど非常に悪くなってしいまいやすいのです。

 

そうなるとどう言った症状を感じてくるかというと。。。

もうお気づきになったのではないでしょうか💡

 

指先が冷たく感じたり、痺れなども起きてくるかもしれません🥶

 

乗ってきたので、もう少し語らせていただきます。

 

例えばこの状態で、

指先冷たいから血流を良くするために半身浴やろう!トレーニングやろう!というのは悪くはないですけど、効果は一時的ですよね。

 

じゃあどうすれば良いのかというところですが、一番重要なことは。。。

 

適切な姿勢を無意識に作ることができ、適切な呼吸を無意識に行える。ということです。

👆

これが行えるようになって初めて半身浴やトレーニングの効果が最大化され末端の冷えなども改善されてくるでしょう。

 

そのためにも何かしらのトレーニングが必要になってきます。

 

そのトレーニングはというと!!!!!

 

それは次回の投稿でご紹介いたしますね。☺️

どうぞお楽しみに!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました🙇‍♂️

 

次回:指先の冷えを改善するための呼吸エクササイズ!